天皇杯サッカー : 川崎フロンターレが仙台に敗戦、ノンタイトルでシーズン終了

091212fron01
第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会の準々決勝3試合が、12月12日に各地で行われた。川崎フロンターレは仙台市のユアテックスタジアム仙台でJ2優勝のベガルタ仙台と対戦。仙台に前半にゴールを許した川崎Fは、終了間際に同点に追いつき延長戦に持ち込んだが、途中出場のFW平瀬智行に追加点を決められ1対2で敗退した。今シーズンの目標だった初タイトルを目指した川崎の願いは実らず、ノンタイトルで全日程を終了した。

写真=試合終了後仙台まで応援に来たサポーターの前で頭を下げる川崎Fの選手たち(撮影:山本真人)