Jリーグ・川崎がジュビロ磐田に引き分け:順位をひとつ後退して5位に

080817fron01
Jリーグ21節第2日程の3試合が8月17日に行われ、川崎はホーム等々力でジュビロ磐田と対戦。先制された試合をオリンピックから戻ったMF谷口博之選手が57分に同点に持ち込んだものの、直後の58分に磐田に追加点を奪われ64分にFW鄭大世が意地を見せて同点ゴールで追いつくというシーソーゲームで2対2の引き分けに終わり、上位チームがそろって勝ったため、5位と順位をひとつ後退させた。

写真=試合後、引き分けに終わり悔しさを浮かべる川崎のイレブン(撮影:藤井栄美)