狛江市で成人式:社会人の自覚新たに夢に向かい第一歩

180108seijinshiki004狛江市の成人式が「成人の日」の1月8日、小田急線狛江駅前のエコルマホールで催され、参加した新成人たちは社会人としての第一歩を踏み出す決意を新たにしていた。

写真=高橋市長に向かい誓いの言葉を述べる新成人

写真ニュースを見る>

180108seijinshiki005同市の新成人は昨年より約70人多い800人。式典には、現在市外に住んでいる参加希望者を含め824人に招待状を送付し、当日は435人が参加した。
同市の成人式は公募した新成人10人が実行委員会(田崎悠委員長)を組織して催しているのが特色で、昨年9月から企画の立案などの準備を進め、式典でも司会などの運営に当たった。
第1部の式典では、主催者を代表し高橋都彦市長が「成人おめでとうございます。これからの皆さんには前途洋々たる道が開け、無限の可能性があります。一度きりの人生です。1日1日を大切に過ごしてください。全国的に人口が減少するなかで狛江は増え続けています。その原因のひとつとして狛江の街がコンパクトで顔と顔の見える関係がつくりやすいことにあると思っています。(狛江は)『日本一安心で安全なまち』の実現を目指しており、『障がいのある人もない人も地域で自立して生活していける社会づくり』を目標に追加しました。1月14日の初春まつりや4月の桜まつりなど多くのイベントに足を運んで街への認識や愛着を深めてください」と祝辞を述べた。
180108seijinshiki006これにこたえて、新成人代表の石賀万葵さんと川上優太朗さんが「私たちは本日の成人式をもって、生活や立場は違いますが、社会の一員として歩み始めます。現在では18歳以上に選挙権が与えられますが、成人という節目で今一度、主体的に社会と向き合う責任の重さを感じています。スポーツの世界では素質のある選手でさえ、努力を怠りません。新成人の私たちも、目標は違いますが『自分をより成長させよう』『社会で活躍できるように』と日々努力を重ねています。おとなとしての自覚と大きな夢を持って、あらゆる分野で活躍していくことを誓います」と誓いの言葉を述べた(写真左上)
180108seijinshiki007第2部では、小・中学校の行事の写真や教師からのビデオレター投映(写真右中)に続いて、ディズニーランドのペアチケットなどが当たる抽選会が行われた(写真左下)。ことしの新企画の「新成人の主張」では、会場からステージに上がって、思っていることなどを次々と発言。両親への感謝の言葉だけでなく、「母のティーカップを割ってしまった」といったざんげや、愛の告白も飛び出し、会場は笑いやどよめきに包まれていた(写真右下)
180108seijinshiki010第3部は同ホールの展示・多目的室で立食パーティーが催され、久しぶりに再会したかつての級友や恩師と近況報告や思い出話に花を咲かせていた。



コメントは受け付けていません