川崎市麻生区で禅寺丸柿の柿もぎ体験や歴史散策:知名度アップめざし参加者募集

川崎市麻生区の特産品の禅寺丸柿を多くの人に知ってもらおうと、麻生区役所と麻生観光協会が柿もぎ体験と歴史散策を企画、参加者を募集している。柿もぎ体験は10月2日10時から小田急線黒川駅から徒歩10分にある同区黒川の柿畑で、昔ながらの「ばっぱさみ(もぎ取り棒)」を使ってもぎ取りを行う。雨天または生育不良の場合は中止。対象は区内在住・在学・在勤者(小学生以下は保護者同伴)で定員20人(応募多数の場合は抽選)。申し込みは9月20日(消印有効)までに往復はがき(1枚4人まで)に「柿もぎ体験希望」と書き、住所、氏名、年齢、電話番号を記入し麻生区役所地域振興課(郵便番号215-8570 住所不要)へ郵送。
歴史散策は10月21日13時から同区役所で歴史観光ガイドから講義を受けた後、王禅寺周辺約3kmを散策しながら禅寺丸柿についての郷土史を学ぶ。雨天中止。定員30人(応募多数の場合は抽選)。参加費500円(資料・保険料)申し込みは10月5日(消印有効)までに往復はがき(1枚2人まで)に「禅寺丸柿の歴史散策希望」と書き、住所、氏名、年齢、電話番号を記入し麻生区役所地域振興課(郵便番号215-8570 住所不要)へ郵送。
問い合わせはいずれも5113電話044-965-麻生区役所地域振興係。


コメントは受け付けていません