川崎フロンターレ選手会が7月18日に多摩川エコラシコ : 河川敷でサポーターと一緒にゴミ拾い競う

多摩川をきれいにしよう——川崎フロンターレ選手会(井川祐輔会長)がとどろき水辺の楽校と共催し、7月18日に「2010多摩川”エコ”ラシコ」を開催サポーターとともに清掃活動を実施、俳優の中本賢さんを招き清掃後に多摩川にいる生物を捜すゲームも行う。

同選手会の清掃活動は、2008年から行っておりことしで連続3回目となる。今回は清掃活動をより楽しくと選手と参加者を「シティボーイ」「カントリーボーイ」「野生児」の3チームに分け、中原区の等々力陸上競技綬近くの等々力保育園前河川敷(多摩沿線道路「等々力入口」信号前)一帯で午後2時からゴミの量などを競いながら清掃活動を実施する(班分けは午後1時に開始)。午後2時50分からは多摩川塾を主宰する中本さんの指導で多摩川の生物を捕獲、捕まえた生物を中本さんと井川選手が説明する事前申し込み制の「がさがさ探検隊」を行う。午後4時20分からゴミ拾いゲームなどの表彰も催される。この日の参加は、前日の鹿島アントラーズに出場した選手が中心だが、社会奉仕活動のため、サイン、記念写真の撮影は、受け付けない。
 現在、川崎フロンターレでは、事前申し込み制のガサガサ探検隊は、参加者を募集している。対象は小学生以上。応募は、氏名(ふりがな)、年齢、性別、郵便番号、重傷、電話番号、Eメールアドレス(文字数制限のないパソコン用)を明記して、川崎フロンターレへ件名を「がさがさ探検隊参加希望」と書き、7月9日午前10時(必着)までにメール(info@frontale.co.jp)を申し込む。応募多数の場合抽選し、当選者のみに12日午後6時までに連絡がある。
  清掃の参加者は、軍手持参でフロンターレに関するユニフォーム・Tシャツを着用し、サンダル履きは厳禁。
 当日のスケジュールなど詳細はHP(こちら>