川崎市多摩区の五反田川にこいのぼり

080501gotanndakoi01
川崎市多摩区生田8丁目の生田大橋東側の五反田川に上にこいのぼりがあがり、川沿いを散歩する人たちの人気を集めている。

080501gotanndakoi02
五反田自治会(吉田照久会長、1500所帯)が、会員の提案で五反田川周辺をきれいにして関心を持ってもらおうと、会員の提案を受けことしはじめて行ったもの。役員がエリアを流れる五反田川を見回り、自治会で管理している花壇脇を設置場所に決めた。
080501gotanndakoi04
川の上にこいのぼりをあげるのは初めてのことでやり方がわからず、二ヶ領せせらぎ館で毎年こいのぼりをあげている宿河原の大島勝夫さんに指導を依頼。4月20日に自治会役員が子どもたちが見守るなか、花壇脇にポールを立て対岸のイチョウの木にロープを張り、会員から寄贈された12匹のこいのぼりを取り付けた。
同自治会では、来年はもっと多くのこいのぼりをあげたいと話している。こいのぼりはこどもの日の5日まであげている。