多摩川イベントラリー:4月29日からスタート

狛江市のいかだレースなど多摩川の源流から中流域の5カ所で開かれる催し物に参加するイベントラリーが4月29日から始まった。多摩川に親しんでもらおうと流域の5市町村が連携して1998年から開催している。

ラリーは、29日の奥多摩町「森林浴ヘルシーウォーク」(約10キロの奥多摩むかし道を歩く、電話0428-83-2112)を皮切りに、5月4日午前11時〜午後8時山梨県小菅村「源流祭り」(釣り大会、流域の芸能大会、夜は日本一のお松焼き電話0428-87-0111)、7月20日午前10時〜「狛江古代カップ多摩川いかだレース」(仮装とタイムを競うレース03-3480-9367)、7月27日午前10時〜午後8時山梨県丹波山村「夏まつり丹波」(カヌー教室、木工教室、マスのつかみどり、水上丸太わたりほか、電話0428-88-0211)と続く。最後は12月7日午後1時から狛江市エコルマホールで行われる多摩川流域郷土芸能フェスティバル(小菅村、丹波山村、奥多摩町、狛江市、川崎市の郷土芸能の競演、電話03-3489-1166)。
フェスタ会場では小菅村、丹波山村、奥多摩町の旅行宿泊券(ペア)やそれぞれの温泉入浴券、海外旅行(ペア3泊4日)があたる抽選会、3つ以上のイベント参加全員には特産品がプレゼントされる。
ラリーの台紙は小田急線の狛江、和泉多摩川、喜多見、成城学園駅、狛江市、川崎市多摩区役所、JR登戸駅前の川崎市行政サービスコーナーで配布している。問い合わせは電話03(3480)9367イベントラリー事務局。