ライスボウルに川崎市民5千人招待

アメリカンフットボール日本1を決めるライスボウルが1月3日、東京ドーム午後2時から開かれ、川崎市民5000人が無料招待される。ことしは社会人代表・松下電工インパルスと学生代表・関西学院大学ファイターズの関西チーム同士の対戦だ。

開門は午前10時で、ライスボウルの前にはフラッグフットボール日本選手権も開かれる。
無料招待は、昨年7月に行われた「第3回アメリカンフットボール・ワールドカップ2007川崎大会」を契機に、川崎市がアメフトを活用したまちづくりを推進することが目的に、社団法人日本アメリカンフットボール協会社団法人と日本社会人アメリカンフットボール協会の協力で実施される。無料招待の希望者は、市内在住・在勤・在学が分かる身分証明書を東京ドーム正面「総合案内所横」(22ゲート前)1階自由席入場引換所に入り口で提示する。
入場料は、ライスボールが指定席前売り3000円・当日3500円、自由席前売り2000円・当日2500円、高校生(当日のみ)500円、中学生以下無料。

関連記事=日本社会人アメリカンフットボール協会がジャパンXボウルとライスボウルに川崎市民5000人招待