麻生市民館で万福寺ニンジンの品評会&試食会:かつての特産品復活願い農家も出品

070101ninjin01川崎市麻生区万福寺の麻生市民館で半世紀前の特産品を味わう7回目の「万福寺人参品評会&試食会」(万福寺人参友の会、里山フォーラムin麻生、麻生市民館主催)が催され、主婦、家庭菜園愛好家、プロの農家など約30人の参加者はニンジンの出来映えを比べ、ニンジンづくし料理を味わった。

写真=ずらりと並ぶゴボウのように長い万福寺ニンジン(上)、受賞したニンジンを持つ生産者

070101ninjin02品評会には、農家や市民が作ったニンジンのほか、長さ94cmと今回一番長かった審査委員長の農業研究家・飯草幸雄さんも含めて16点が出品された。なかには、区内の畑を借りて生ゴミ堆肥で作ったニンジンや大和市の博物館、親子体験農業の畑などで作ったニンジンもあった。
飯草さん、大井紀雄麻生市民館長ら5人の審査員が形、色、香り、味など各方面から比較審査。最優秀賞には井上いづみさん、優秀賞に白井静夫さんが選ばれ、姿(ルックス)賞は高橋清行さん、香り賞は山崎優さん、色彩賞は小島一也さん、努力賞には、井上清士さん、高橋八重子さん、尾上菊代さんがそれぞれ選ばれた。審査委員長の飯草さんは「今回は、夏の多雨で土の水分が多いため病気の発生が目立ち、全体的に出来は悪かった」とコメントした後「それでも、みんなあきらめず手入れしてよくここまで生長した」と講評した。
070101ninjin03審査後は、高橋さんらが提供した約30本のニンジンを使った料理を食べながらの恒例の交流会(写真右下)。ことしは麻生区役所保健福祉センターで健康作りのための料理講習を行っているボランティアグループ「麻生ヘルスメイト(食生活改善推進連絡協議会)」(写真左下)のが070101ninjin04初めて協力、代表の杉田玲子さんほか9人が「スモークチキンとニンジンのサラダ」「いわしのたたきニョキニョキ焼き」のほかケーキなど7点を作った。また、例年料理を担当する友の会会員の宮河悦子さんが「紅白相生結び」「昆布巻き」などおせち料理をテーマとした料理も作り、15点の豪華なメニューが並べられ、参加者たちは「目移りしそう」などと話しながら、料理を味わっていた。

関連記事■万福寺ニンジン品評会


麻生市民館で万福寺ニンジンの品評会&試食会:かつての特産品復活願い農家も出品への4件のコメント

  1. めざし【ひもの屋in沼津】

    めざしを焼く時は焼き上げるというより「炙る(あぶる)」程度で熱が通ったところを醤油とマヨネーズをつけて食して頂きますと、とても美味しくお召し上がり頂けます。「うまい!!」と言える「めざし」です。これは酒のツマミに最高です。4匹x3串で1パックとなっています。千葉県の房総近海に水揚げされた新鮮で上質な背黒イワシだけを使用しております。…

  2. 新しいマンションを買えるかも!

    あなたの収入を50倍にする!
    激裏ヤフオクバイブル
    主婦の方向けの強烈なノウハウです!
    31歳・主婦S・Kさんのレポート
    パソコンは主人や子供がしているのを見ているだけという感じでしたが、少しでもマンションのローン返済の足しになればと思い、軽い気持ちで(すみませんm(_ _)m)購入を決めました。
    ところが読んでみてビックリ!
    主婦の方向けと書かれていましたが、本当にわたし……

  3. ニンジンのお話ですッ。

    にんじんって戦後に変わってきた野菜の一つですよ。以前はにんじんといえば、濃赤色で長い形だったのが、いつのまにかオレンジ色で短い西洋系のにんじんが主流になったんです。これは短いほうが扱いやすいため品種改良が進んだ結果できちゃったんです。

  4. 暖冬の影響が・・・

    この冬は暖かいですよね。いろんな植物に、影響がででますね。