川崎が10周年記念フレーム切手を販売

061026kitte
川崎が創立10周年記念グッズとして、日本代表の我那覇和樹・中村憲剛選手などのほかOBの相馬直樹元選手などの写真入りをあしらった「10周年記念フレーム切手」(写真・右)を制作、10月28日に等々力競技場で行われる京都パープルサンガ戦から競技場内の特設ブースで販売する。

フレーム切手は、郵政公社が9月からはじめた新しいサービス。大きさは縦25.6cm×横18.1cm、上部は10周年記念ビッグフラッグを広げた等々力競技場のバックスタンドの写真、下部は現役の我那覇、ジュニーニョ・中村憲剛・谷口博之選手、OBの中西哲生・アウグスト・相馬の計7選手とマスコットのふろん太、チームのエンブレム、10周年マークの80円切手10種が組み込まれている。同クラブ広報によると、OB選手の肖像権がクラブにないが3人とも快諾してくれたという。
限定1000部のみの発行で価格は1680円。販売場所は、ホームゴール裏F階段横の特別ブースで開門時(一般は正午)から販売、売り切れ次第に終了、在庫が出た場合は、後援会事務所で扱う。
問い合わせは電話044(813)8618川崎。